在籍確認を回避できるおすすめキャッシング・カードローンランキング

充実のサービスで低金利!信販系カードローンをご存知ですか?

キャッシングといえば消費者金融や銀行系カードローンを思い浮かべるという人が多いとは思いますが、その両者とも違った第3のキャッシングがあることを皆さんはご存知でしょうか。
それがクレジットカード会社などが提供している信販系カードローンです。
銀行系カードローン並の低金利と消費者金融並みのサービスを揃えたこのカードローン。
今回はお得で便利にお金を借りたいという人におすすめの信販系カードローンをご紹介。
信販系カードローンとはクレジット会社などが運営しているキャッシングサービスです。
銀行系カードローンと消費者金融の中間あたりに位置するカードローンだと想像していただけると分かりやすいでしょう。
また、キャッシングに必要な審査も銀行系カードローンと比べても簡単となっており、セゾンやセディナなど普段から耳にしている馴染みのある業者が運営しているので安心出来るという方も多いのではないでしょうか。
クレジット会社だから出来るサービスなどお得がたくさんなのも信販系カードローンの特長だといえます。
信販系カードローンの特長として会社によってカードローンの内容もさまざまであることが挙げられます。
そんな中でも、オリックスクレジットのカードレスVIPでは金利3.0%から16.6%と銀行系カードローン以上の低金利を実現。
審査時間も短いなど信販系カードローンの魅力が詰まったキャッシングとなっています。
他にもSAIS◎Nのローン百選 『VIP』(プレミアムコース)など信販系には低金利のカードローンがたくさんあります。
信販系カードローンでは低金利以外にもさまざまなサービスが用意されています。
セディナカードローンでは初めて利用する方には無利息期間サービスを用意していたり、オリックスローンカード(Pontaコース)では契約するだけで大量のPontaポイントが貯められるなど、消費者金融にも真似できないユニークなサービスを用意しているところも多くあります。

キャッシングを利用するときには銀行系や消費者系で考えるのももちろん大切ですが、両方のいいところを兼ね備えた信販系カードローンも選択肢の一つとして考えてみることをおすすめします。

※ ランキングは当社調べになります

プロミス ※ アドレス登録とWeb明細登録が必要

プロミス ※ 電話での在籍確認に要望がある場合、申込後すぐに要相談

プロミス ※ 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります

プロミス ※ 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります

アコム ※ お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要な場合があります

アコム ※ 在籍確認が行われる場合がございます

アイフル ※ お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフル ※ WEB申込での審査時間、融資時間になります

SMBCモビット ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビット ※所定の銀行口座、必要書類の提出が必要

SMBCモビット ※収入証明を提出していただく場合があります

Tカード プラス(SMBCモビット next) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。