在籍確認を回避できるおすすめキャッシング・カードローンランキング

転職したばかりの自分がキャッシングした時の話

職場が自分の肌とはあっておらず転職をしたのですが、転職活動って意外とお金がかかるもので新しい職場に就いた時には貯金がありませんでした。
それがきっかけで、はじめてキャッシングを利用しようと思ったのですが勤続年数がない私がキャッシングすることが可能なのかがそもそも疑問でしたし不安でした。
新規のキャッシングの際に転職したてだと、勤続年数がないぶん審査が無事に通るか少し不安に思ってきますよね。
勤続年数の記入欄に0と書くのはやっぱり審査に不利な気もします。

しかし、無担保保証人も不要なキャッシングサービスの場合は仮に転職したでだろうがアルバイトなどの非正規雇用だろうが、安定した収入があればだれでも借りることのできるものが多いのが特徴ですから転職したての私でも借り入れることができました。
新規のキャッシングということで不安なことも多いかと思いますが、100万円以上の融資に関しては慎重な消費者金融も多いですが50万円~100万円の少額融資であれば、収入証明書などの必要書類が不要なところも多く運転免許証など、本人確認書類のみで借り入れ可能なところも多いのが事実です。

現に私も、本人確認書類の提出職場への在籍確認のみで融資を受けることができました。
幸い私は、次の給与が出るまでの約1か月分の生活費のみの借り入れで良かったので数万円のキャッシングでした。
だからこそ転職して勤続年数は浅くてもキャッシングできたのかもしれません。
例えば転職して間もない人が100万円のキャッシングをしようと思っても収入証明書の提出で、今の職場からまだお給料をもらっていないということになり借り入れは難しいと思われます。
ですから、入社後いきなり大金を借り入れようと思っても難しいと言えます。

私のように最初の給与がでるまでの間、数万円から数十万円の借り入れを行うことは新人社員の方でも十分可能です。
最近では、初回限定で30日間無利息キャンペーンなども多くの消費者金融で用意されていますから給料が振り込まれた段階で全額返済してしまえば利息は払わなくても済みます。
実際に私も、この30日間無利息キャンペーンで借り入れを行い利息の支払いはしないで済みました。
私は、転職先のお給料が出た時に全額返済しました。
給料が出た後に全額返済してしまったらその月の生活がキツイのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、給料の半分以上を返済にあてたらその月の生活は厳しくなります。しかし、消費者金融の利息というのは借り入れ日数に応じて利息が発生する仕組みとなっています。

そのため、今月の生活を考えて返済するよりも一度無理をしてでも全額返済をし、どうしても足りなくなったら少額をまた借りる、というやり方にしたほうが借り入れしている日数も短く結果的に利息の支払いも減るのです。

私は、家賃を払う前日にお金が足りないことに気が付きまた消費者金融から少額の借り入れをしました。一見、借金地獄のように見えるかもしれませんがそういう事ではなく、2か月3か月かけて借金を減らしていく途中過程というだけなのです。
私が利用したアコムのキャッシングでは一度契約をしたら限度額範囲内で何度でも借り入れすることができたから非常に助かりました。

とにかく、無駄な利息を払いたくなければ給料が出た時に無理してでも全額返済することです。
私はサラリーマンからサラリーマンに転職しましたが、サラリーマンから個人事業主に転職した場合はどうなのかも気になったので調べました。

こういった場合でも、借り入れが不可能なことは無いらしいのですがサラリーマンよりも審査が厳しいのが特徴のようです。
解決策としてはサラリーマン時代からキャッシングサービスを利用しておき信用情報を築いておくことでしょう。もちろんその時にはしっかり返済を行い信用を作っていくことを忘れてはなりません
取引実績が長ければそれだけ信用もありますし、独立したことをわざわざ言わなければそのまま借り入れすることも可能のようです。

※ ランキングは当社調べになります

プロミス ※ アドレス登録とWeb明細登録が必要

プロミス ※ 電話での在籍確認に要望がある場合、申込後すぐに要相談

プロミス ※ 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります

プロミス ※ 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります

アコム ※ お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要な場合があります

アコム ※ 在籍確認が行われる場合がございます

アイフル ※ お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフル ※ WEB申込での審査時間、融資時間になります

SMBCモビット ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビット ※所定の銀行口座、必要書類の提出が必要

SMBCモビット ※収入証明を提出していただく場合があります

Tカード プラス(SMBCモビット next) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。