在籍確認を回避できるおすすめキャッシング・カードローンランキング

金利を安くしたい

カードローンで一番ネックになるのが金利の問題です。

今すぐにでもお金を借りたいけれど、金利が高いと返済時に困る、と業者選びにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのが銀行が提供しているカードローンサービスなのです!

銀行カードローンであれば他の業者が行うキャッシングサービスと比べて、格安の金利でお金を借りることができます。

金利は安いけれど、審査に時間がかかるとされていた銀行カードローンですが、最近では新規の銀行が参入したことによって競争が激しくなり、サービスの向上が著しく行われています。

すぐにお金を借りたいけれど金利は安くしたいという方にはぴったりのサービスです!

銀行のカードローンは、大抵金利には幅を持たせて表記されています。しかし、これは決して利用者を騙そうとかそういったことではなく、逆に利用者のことを考えた配慮が隠されているのです。

最低金利は、最大上限融資枠(最大限度額)に適用されます。

○%~○%という表記は、融資限度枠によって金利が変わるするためにそのような表記になっているのです。

一般的に金利は融資枠を増やせば増やすほど下がっていきます。

ですから、当然融資を受ける際には自分が申請できる上限の額で申し込んだ方がお得ということになります。

実際にその金額まで利用しなくてもその金利で融資を受けることが出来るので、必要な分だけ融資を受けて余分にお金を借りなければかなりお得に返済が可能となります!

通常金利が高めに設定されている消費者金融であっても、例えばアイフルにおいては最高限度額の500万円で審査が通れば、融資金額にかかわらず最低金利の4.5%で借り入れができます。これは銀行系カードローンと比較しても遜色ないレベルでしょう。

これから融資を考えている人はぜひ自分が申し込める融資枠に適用される金利を見て、どの業者から融資を受けるかを選択しましょう。

そんなに利用する予定はないから最低限でいいや、と一番低い融資可能額で設定していると損することになるかもしれません。

利用限度の額は、そのままカードローン会社からの信用を示しています。

限度額を引き上げるにはその信用を勝ち取る必要があります。

そこで有効なのがこまめにカードローンを利用するということです。

これを重ねることで業者側はこちらを信用できるユーザーと判断して、いずれ向こうから利用限度額の引き上げを提案してきてくれるでしょう。

しかし、いくらこまめにキャッシングを利用したからといって、天井知らずに引きあげられるわけではありません。

総量規制対象外の商品を除いて、限度額上限は法律によって年収の1/3までと決まっているからです。

利用限度額は上がれば金利が下がったりと嬉しいことばかりですが、もともとは健全な返済を行うために設けられたものです。

カードローンをご利用の際にはくれぐれも使いすぎにはご注意ください。

※ ランキングは当社調べになります

プロミス ※ アドレス登録とWeb明細登録が必要

プロミス ※ 電話での在籍確認に要望がある場合、申込後すぐに要相談

プロミス ※ 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります

プロミス ※ 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります

アコム ※ お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要な場合があります

アコム ※ 在籍確認が行われる場合がございます

アイフル ※ お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフル ※ WEB申込での審査時間、融資時間になります

SMBCモビット ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビット ※所定の銀行口座、必要書類の提出が必要

SMBCモビット ※収入証明を提出していただく場合があります

Tカード プラス(SMBCモビット next) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。