在籍確認を回避できるおすすめキャッシング・カードローンランキング

ACマスターカードってキャッシング?クレジットカード?どっち?

クレジットカードやキャッシングなどの消費者金融などを調べているとよく出てくるのがアコムの「ACマスターカード」というもの。

このカードはクレジットカードなんかの比較ページに出てくることが多いのですが、結論から言うとこのカードはあくまでもアコムのキャッシング機能にクレジットカードのショッピング機能が付帯しているものであり、普通のクレジットカードというわけではありません。

ACマスタカードは様々なメリットを持っていますので利用している人も多いのですが、普通のクレジットカードだと思って使っているとちょっとした問題が起きてしまう可能性があります。

今回はACマスタカードについてご紹介して行きたいと思います。
アコムが出しているACマスタカードはクレジットカードとしてご紹介されていることが多いですが、どちらかと言えばキャッシング+クレジットカードと言う方が正しいと言えます。

というのもこのカードは普通のクレジットカードと支払い方法や返済方法が大きく変わってくるからです。

通常クレジットカードでショッピングを利用する際には支払回数を指定することになると思いますが、このACマスターカードは支払回数を決める必要がなく自動的にリボルビング払いになります。

リボルビング払いになるということは利息が発生しますので、経過日数によって利息が乗っかっていくわけです。

1回払いで利息をつかずに払うためには毎月20日までの利用分を6日までにアコムのATMもしくは提携コンビニのATMで全額返済をすると利息がかからないので事実上は1回払も可能となってはいるものの、指定口座から引き落としをするなどのシステムは申請をしないといけないので注意が必要です。

またボーナス払いなどの機能がついていないために支払いにおいての柔軟性にかけてしまっているのはいなめません。

クレジットカードをショッピング目的として利用をしたい際には少々ややこしいシステムになってしまっているため、しっかりと理解をしておかなければ無駄な利息を払わなければならない可能性があるわけです。

このカードには“カードローンつき”“ショッピングのみ”の2種類が用意されていますが、ショッピングを目的としてカードを作るのであればこのカードにする必要はあまりないのではないでしょうか。
先程はクレジットカードとしての懸念部分をご紹介しましたが、とは言え利用者が多く比較ページでもオススメされているこのACマスターカード。

それにはこのカードのもつ様々なメリットが関係していると言えます。

まず普通のクレジットカードは発行までに最短でも3日などがかかってしまうケースが普通ですが、元々キャッシングを運営しているアコムが作っているカードだからこそ即日での発行が可能となっています。

無人契約機に出向くことによってその場でカードを発行してくれキャッシングやショッピングの利用が可能になりますので、急なニーズに対応してくれるというわけです。

また通常のクレジットカードのリボ払いは毎月一定額の返済となってしまうため、思い通りの返済がうまくいかなかったりするケースが起きてしまうことがありますが、このACマスターカードに関しては返済額を自分で決めることができますので、月の収支や出費に合わせて調節をしていくことが可能となっています。
これはキャッシングを利用した際にも同じです。

ですのでお金に余裕がある月などは多めの返済をすることで利息の負担を減らすことができますし、なるべく早く返済をすることを心がけることが出来るというわけです。

更に過去の利用状況を最高で3ヶ月前までネットで確認することができますので、いつでもどこでも利用状況を確認することができるという点も大きなメリットの1つと言えます。

アコム専用のアプリなども出ていますので、利用状況や返済方法などを管理していくうえではとても便利な面を兼ね備えているのです。
ACマスターカードはすごく利便性が高く利用する上でとても役に立つことは間違いありません。

急にカードが必要になったり、そもそもリボ払いでショッピングをするために作るのであればそのニーズに応えてくれることは間違いありません。

しかし通常のクレジットカードでは支払い方法を選べたり、利用をしていくことでポイントが貯まっていったりとお得なシステムをつけているカードがたくさんありますのでそちらを利用したほうが良い面も多くあるでしょう。

自分がどのようにキャッシングやショッピング利用をしていきたいのかを考えて利用するようにしましょう!

※ ランキングは当社調べになります

プロミス ※ アドレス登録とWeb明細登録が必要

プロミス ※ 電話での在籍確認に要望がある場合、申込後すぐに要相談

プロミス ※ 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります

プロミス ※ 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります

アコム ※ お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要な場合があります

アコム ※ 在籍確認が行われる場合がございます

アイフル ※ お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフル ※ WEB申込での審査時間、融資時間になります

SMBCモビット ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビット ※所定の銀行口座、必要書類の提出が必要

SMBCモビット ※収入証明を提出していただく場合があります

Tカード プラス(SMBCモビット next) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。