在籍確認を回避できるおすすめキャッシング・カードローンランキング

まず何をやるべき?キャッシングで過払い金があるかを調べる方法とは

過払い金は過去に払い過ぎた利息なので、過払い金があれば返金してもらうことができる可能性があります。

キャッシングで過去お金を借り入れていてすでに返済が終わっていても、その当時の返済に過払い金があるかもしれません。

利息とはいえ過払い金は返済額によっては大きな金額にもなるので気になるという人もたくさんいらっしゃるかと思います。

これから過払い金について調べようと思っている人のために、今回はキャッシングの過払い金を調べる方法についてお話していきたいと思います。
キャッシングでは取引履歴が残っています。ほとんどの場合ではキャッシング取引を行った業者に、電話で頼めば過去の履歴を取り寄せることができます。

電話で依頼したあとはだいたい1週間から2週間ていどで、長くても1ヶ月ほどで履歴が業者から届きます。

中には開示請求手続きが必要な場合もあるのですが、その際は案内に従って手続きを行えば問題ありません。

取引履歴を取り寄せすることでブラック扱いになってしまうのではという人もいますが、利用者が取引内容の確認を行うことは通常でも行われていますので、過払い金請求のために履歴の取り寄せを行っても特に問題なく行えますのでそのような心配は無用です。
かつての利用者が取引履歴の取り寄せを行うと、キャッシングの業者側も過払い金の請求を行うためだと気づくと思います。

キャッシングの業者側からすると過払い金の支払いは、やはりできるだけ少額で済ませたいというのが本音です。

ですので業者から和解するための金額を提示してくる場合も珍しくありません。

もちろん単純に利用したときの履歴を知りたいという人もいますが、法律の改正で現在では過払い金の請求が発生しているので致し方無いことと言えます。

利用者の過払い金が多いほどこのような対応をしてくる可能性が非常に高いと言えます。

業者側が提示してくる金額は実際の過払い金よりも少額である場合が多いのも事実です。

そのため過払い金が多ければ多い人ほど、業者側と上手く和解金の交渉をする必要があります。

業者側との交渉ともなると豊富な知識や経験が必要になるので、何も知らない状態では納得のいく結果を得ることは難しいと言えるでしょう。
過払い金の請求には取引履歴から自分の過払い金がいくらあるのか、引き直し計算をする他にもキャッシングの業者側と和解金についての交渉をうまく運ぶ必要があるのですが、引き直し計算ならまだしも多くの場合自分で業者と交渉する自信がないという人がほとんどだと思います。

取引履歴を取り寄せたは良いものの、そのあとの対応についてどうすれば良いのかわからないというのであれば、無理をせず弁護士司法書士に相談してみるのがベストです。

弁護士や司法書士はお金がかかるという印象が強いと思いますが、実際に過払い金をキャッシング業者に請求する前の段階である、取引履歴の取り寄せや実際にいくらの過払い金が発生しているかの引き直し計算までの部分なら、無料で行ってくれる弁護士事務所もたくさんあります。

まずは過払い金がいくらあるのかを調べてから、実際に請求を弁護士に頼むかを選ぶことができるので是非利用してみましょう。

※ ランキングは当社調べになります

プロミス ※ アドレス登録とWeb明細登録が必要

プロミス ※ 電話での在籍確認に要望がある場合、申込後すぐに要相談

プロミス ※ 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります

プロミス ※ 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります

アコム ※ お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要な場合があります

アコム ※ 在籍確認が行われる場合がございます

アイフル ※ お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフル ※ WEB申込での審査時間、融資時間になります

SMBCモビット ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビット ※所定の銀行口座、必要書類の提出が必要

SMBCモビット ※収入証明を提出していただく場合があります

Tカード プラス(SMBCモビット next) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。