在籍確認を回避できるおすすめキャッシング・カードローンランキング

遅延損害金とは

お金を借りた人が約束した日にお金を返さなかったら発生する遅延損害金。
DVDの返却が遅れたら延滞料金がかかりますよね?あれと似たようなものですが遅延損害金はDVDの延滞料のように数百円ですむようなレベルではないので注意が必要です。いったい返済に遅れてしまったらどうなるのか事前に知っておきましょう。
遅延損害金は多くの場合、
借り入れ残高×遅延損害金年率÷365×期限利益喪失日の翌日からの日数

となっています。
借金返済とは関係のない全く無駄なお金を支払わなければいけなくなってしまうのです。
残高が高く延滞期間が長いほど、この無駄なお金も膨らみますから1日でも早めに返してしまいましょう。せっかく最低金利で借りているのにもかかわらず、延滞料金を払うことになってしまうと大きな損になります。
どうしても間に合いそうもない場合は必ず連絡することが大事です。
黙って返済を怠るのはやめましょう。
一度信用を失うと支払いの延長に応じてもらえなくなるほか、信用情報機関にその情報が伝わり、以後数年にわたってクレジットカードが発行できなくなるなどのペナルティを受ける可能性があります。。
また、返済日を忘れていただけなのであったら素直に話しましょう。
返済日をずらしてくれる親切な消費者金融もあります。
返済するお金がなかった場合でも利息分だけは払っておきましょう。
信用を無くさないことが大切です。

※ ランキングは当社調べになります

プロミス ※ アドレス登録とWeb明細登録が必要

プロミス ※ 電話での在籍確認に要望がある場合、申込後すぐに要相談

プロミス ※ 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります

プロミス ※ 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります

アコム ※ お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要な場合があります

アコム ※ 在籍確認が行われる場合がございます

アイフル ※ お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフル ※ WEB申込での審査時間、融資時間になります

SMBCモビット ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビット ※所定の銀行口座、必要書類の提出が必要

SMBCモビット ※収入証明を提出していただく場合があります

Tカード プラス(SMBCモビット next) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。