在籍確認を回避できるおすすめキャッシング・カードローンランキング

楽天銀行スーパーローンをデビットカードと合わせて使う

私は以前から楽天銀行をバリバリに利用していました。
楽天デビットカードを使って、後払いなしに日々の買い物の支払いをスマートに済ませていたのです。

しかしある時、給料日前に残高が足りなくなって決済ができなくなってしまいました。
そこで使ったのが楽天銀行のスーパーローンでした。
私が楽天銀行のデビットカードとカードローンをあわせて使うようになった次第をお話しします。
これはとても便利ですが、注意すべき点もある使い方です。その辺りについてもお伝えしたいと思います。

私が楽天銀行を使うようになったのは社会人になってからのことでした。
ネットショッピングでも楽天をよく使うので、楽天会員になったついでに銀行も楽天にしたのです。

そして私がつくったカードは楽天銀行デビットカード
楽天カードマンのCMで有名なクレジットカード付きのキャッシュカードにしなかったのには自分なりのわけがあります。

私がデビットカードを選んだ理由


私があえてクレジットカードではなくデビットカードをつくったのは、支払いが明快で管理しやすいからです。

クレジットカードで決済すると、その支払いは翌々月になります。
私はこの後回しにしてる感じがどうにも気に入らなくて、なにか他の手段はないのかと思っていました。

一方デビットカードは、決済したらその時にすぐ銀行の口座から引き落としがされます。
口座にある金額がそのまま使える額なので、原理上支払いきれないほど使うことができないという安心感もあります。
使用額もすぐに確認できるので、家計簿のように管理がしやすいのも魅力でした。

そんな考えから、楽天銀行デビットカードを使っていたのです。

楽天のポイントも集められる


また、楽天での買い物が多い私には見逃せない点がもうひとつありました。
デビットカードを使うことでポイントがさらに付くのです。

普通に楽天でショッピングをすると1%のポイントがもらえますが、支払いを楽天銀行デビットカードにすることで、こちら側でも1%分のポイントが付いてきます。実質2倍になるのはうれしいです。
楽天カードでも同じように1%のポイントが付きますが、同じ条件ならやはり即支払いのデビットカードのほうが良いと思いました。

そんな感じで、楽天銀行デビットカード一枚で買い物をまかなっていました。
スーパーなどでは財布に入れた分で事足りましたし、大きな買い物は大抵ネットショップで、外でもクレジットカードが使える店ではデビットカードもまず使えたので、不便に思うことは全くありませんでした。

デビットカードでも起こる使いすぎ


デビットカードなら口座にある分以上に使ってしまうことはない…、とは言っても、口座にある分を使いきってしまうことはできてしまうのです。

先月に引っ越しをして、新しい家電やちょっと広くなった部屋に置くインテリアなどを買っていたところ、必要だ必要だと思いながら使ってしまい気がつけば預金が5ケタに…。
デビットカードとは別にある家賃や光熱費の支払いの分がすごくギリギリになってしまいました。

カードローンで補う


このままでは引っ越し早々面倒を起こしてしまうと思い、楽天カードを作るかとも思ったところで見つけたのが同じく楽天銀行のスーパーローンでした。

カードローンならクレジットカードよりも申し込みから借り入れまでが早く、また楽天銀行の口座ならより早く振り込んでもらえるようだったので、カードローンを試してみることにしたのです。
何より、口座振り込みなのでデビットカードからもそのまま使える点が私には魅力でした。

もう楽天銀行の口座を持っていてバリバリに使っていましたし、当然楽天の会員でもあったので、カードローンの申し込みの操作もスイスイ進められました。

申し込んだのが夜家に帰ってきてからだったので、審査結果のメールは次の日に届きましたが、そのあとの仕事先への在籍確認と私への確認の電話もその日のうちにかかってきて、書類を提出すればあとは楽天銀行の口座に振り込んでもらえるとのことでした。

本人確認書類の提出に関しても、楽天銀行で口座をつくったときと同じようにアプリからのアップロードが選べたので、すぐに提出することができました。
スマホで写真を撮って上げるだけなのでとても楽ちんです。一度部屋の蛍光灯が写り込んでしまって撮り直しをしたのは内緒。壁などに立てかけると映り込みしにくいですよ。

口座への振り込みも同じ日に完了し(10万円借りました)、安心して月末を過ごすことができました。
翌月の給料日に口座に入ったお金の一部をそのまま返済にあてて、また綺麗さっぱりとした体に。デビットカードの利用ももっと控えめにするようにしました。いくら残高以上には使えないとは言っても、今回みたいに使いきってしまっては元も子もないですから…。

楽天銀行でずっとデビットカードの即時支払いを使ってきた私でしたが、初めてカードローンを使うことになって、あらためてデビットカードとカードローンの双方の特徴が分かりました。

クレジットカードとは違って、カードローンはデビットカードの延長のような感覚で使うことができるのでとても便利ですが、だからこそ同じ感覚で使いすぎると返済でギョッとすることになりかねないところに注意する必要があると思いました。

私もその時以降残高を切らすこともなく、少しずつ貯蓄に回していっていますが、もしまた緊急にお金が足りなくなったときにはカードローンも活用したいです。

※ ランキングは当社調べになります

プロミス ※ アドレス登録とWeb明細登録が必要

プロミス ※ 電話での在籍確認に要望がある場合、申込後すぐに要相談

プロミス ※ 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります

プロミス ※ 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります

アコム ※ お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要な場合があります

アコム ※ 在籍確認が行われる場合がございます

アイフル ※ お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフル ※ WEB申込での審査時間、融資時間になります

SMBCモビット ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビット ※所定の銀行口座、必要書類の提出が必要

SMBCモビット ※収入証明を提出していただく場合があります

Tカード プラス(SMBCモビット next) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。