在籍確認を回避できるおすすめキャッシング・カードローンランキング

プロミスレディースの利用限度額はどの程度?

プロミスレディースは消費者金融のカードローンなので、貸金業法による総量規制の対象です。

わかりやすく言えば、他社を含めて年収の3分の1以上の借入ができないのです。

そのため年収100万円の主婦の方は30万円程度が利用限度額になるでしょう。

では銀行のように総量規制対象外の金融機関の方がプロミスレディースより有利なのでしょうか。

プロミスのレディースキャッシングには融資制限があります。

総量規制です。

年収の3分の1という融資制限は、消費者金融である以上守らなければいけない限度額です

しかし、実際にプロミスレディースに申し込むと利用限度額はもっと少ないことが多いです。

年収の3分の1が限度

総量規制の計算は、プロミスレディースを利用する人であっても、他の貸金業者から借入があったり、クレジットカードのキャッシング枠があったりすると、それも合計して算定されます。

ただでさえ年収が少なめなアルバイトの主婦の方であれば、総量規制の枠に収まらず審査に落とされてしまう事も少なくありません。

プロミスレディースを申し込む際には総量規制のルールをしっかりと知っておくことが必要です。

実際にはもっと少ない

では、年収の3分の1までなら無条件に貸してもらえるのでしょうか。

残念ながら、そのようなことはありません。

他に借入がなくても、年収の3分の1より少なめな金額で利用限度額が設定されることが多いです。

そして、利用と返済を繰り返し、信用が付くと年収の3分の1まで上げてくれるのです。

プロミスレディースの審査は、他の消費者金融に比べて厳しいと言われています。

これは返済が難しい人にお金を貸すことは本人のためにならないという姿勢でしょう。

もっとも、借入れができないのではないかと不安になる必要はありません。

他に借入がなければ、信用情報に問題なければ審査に通ります。

クレジットカードなどの支払いなど遅延がなければまずOKでしょう。

多重債務を認めないプロミスレディース

審査が厳しいと言われる理由は、多重債務者を排除しているためのようです。

消費者金融の中には、他の貸金業者に借入があっても総量規制の範囲内なら貸付をすることがありますが、プロミスレディースでは審査に通りません。

審査の経験則として、多重債務者は将来支払不能になることが多いことを知っているためです。

少なくなりがちな限度額を有効活用しよう

アルバイトやパートの女性はプロミスレディースの利用限度額が少なくなりがちです。

そんな利用限度額を有効活用する観点からもプロミスレディースのようなカードローンは一本化すべきです。

こうすることで安心して使い続けることができるのです。

総量規制の存在は、多額の利用限度額を望めないことも意味します。

しかし、プロミスレディースのようなカードローンは、そもそも多額の借入がメインとは言えません。

ローン商品としては最高500万円までの利用が可能になっていますが、それはあくまで最大の時の話です。

給料日前にちょっと足りない時に利用して、給料日後に全額返済するのがポピュラーで、よく想定される使い方です。

カーローンや住宅ローンのように、たくさん借りて数十年かけてコツコツ返す、といったローンとは前提が違うんですね。

最高でも30万か?

アルバイトやパートの女性は、年収が100万円前後のことが多いです。

総量規制からすれば30万円程度が利用限度額でしょう。

しかし、先ほど述べた通り、カードローンは少額の借入を目的としています。

自動車を買う際のマイカーローンとは違うのです。

30万円の利用限度額で十分だと言えるのではないでしょうか。

利用後はできる限り早く返そう

プロミスレディースの金利は最高17.8%です。これは決して低い金利とは言えないでしょう。

プロミスレディースの金利計算は日割計算ですから、利用後はできる限り早く返済することが大切です。

ネットバンキングを利用すれば繰上返済は自由自在です。

残額を引きずらないことが上手なカードローンの使い方。かしこく使いましょう。

プロミスレディースは総量規制の対象だから融資制限が邪魔になると言う人もいるでしょう。

しかし、先に述べた通りカードローンに多額の利用限度額は必要ないのです。

案外使い勝手の悪い銀行系カードローン

何かともてはやされる銀行系カードローンですが、人気が集中しているのは一部のメガバンク系だけです。

しかも、プロミスレディースのネットサービスに比べると、使い勝手に劣ることが多いです。

プロミスレディースのネットサービスはいくつもの銀行からネットバンキングを選択できます。

これに対し、銀行系カードローンは自行口座しか相手にできないのです。

金利の高さは見た目ほど差が出ない

とはいえ、銀行系カードローンはプロミスレディースより金利が低いと言われる方も多いようです。

ただし、その金利差は3%から4%程度です。

10万円借りても1か月250円から300円程度の差に過ぎません。

それならば使い勝手のいいプロミスレディースに分があるでしょう。

※ ランキングは当社調べになります

プロミス ※ アドレス登録とWeb明細登録が必要

プロミス ※ 電話での在籍確認に要望がある場合、申込後すぐに要相談

プロミス ※ 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります

プロミス ※ 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります

アコム ※ お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要な場合があります

アコム ※ 在籍確認が行われる場合がございます

アイフル ※ お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフル ※ WEB申込での審査時間、融資時間になります

SMBCモビット ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビット ※所定の銀行口座、必要書類の提出が必要

SMBCモビット ※収入証明を提出していただく場合があります

Tカード プラス(SMBCモビット next) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。