在籍確認を回避できるおすすめキャッシング・カードローンランキング

利息とは

カードローン会社などから融資を受けた際には必ず利息をつけて返済しなければなりません。
この利息とは融資を受ける際に決められた金利をもとに計算を行い算出されます。
そして一言で言うと限度額・利用限度額とは、この金額まではあなたに融資が可能ですという金額のことで、それぞれのカードローン会社によって設けている上限のことです。
このページでは利息や金利、限度額の詳しい仕組みについてご解説。仕組みをよく知ることで失敗しないカードローン選びを実現しましょう。
金利とは利息を計算するために必要となる数字であり、利息は融資を受けた際には必ず支払う必要があるものです。消費者金融業者や銀行系カードローンの金利では○%~○%と表示されることが多くなっており、金利はカードローン会社や融資枠によって変動するようになっています。金利はキャッシング会社を選ぶ際には重要な指針となる数字の一つですが、消費者金融など各サイトに掲載されている金利は何を意味しているのでしょうか。
現在、カードローンでは実質年利での表示が義務づけられています。
この実質年利とはその融資を受けたとき実際にかかるもろもろの利息を表したもので、この金利を参考にすることによって正確な返済プランを組み立てることが可能となります。
違法なカードローン会社では実質年利ではなく表面金利や月利など、見かけだけを安い金利に見せかけていることも多いのでご注意ください。
利息とは借りたお金に金利かけた数のことを指します。また、通常のカードローンであれば毎月利息は発生するものとなっているので、それに利用期間をかけた金額が利息の総額となるのです。
銀行や消費者金融での金利設定は基本的に年率計算となっており、最近では分割返済が基本となっているので実質年率で表示するのが基本となっています。
この実質年金利であれば実際に利用した際に払う利息を知ることができるので、カードローン会社を選ぶときにも大変便利なのではないでしょうか。【100万円の融資を実質年利20%で利用した場合】
100万円×0.2(金利)=20万円

上記のように通常サイトなどで表示されている金利は実質年利となっているので、ただ単に融資額に金利をかけただけでは一年間利用した際の利息しか知ることができません。しかし、実際には融資額を1年間そのまま放っておく事はないので、実質年利で表示されている金利を使って計算するには計算式が必要となります。

【100万円の融資を実質年利20%で30日間利用した場合】
100万円×0.2%(金利)÷365日×利用日数30日=1万6348円

このように融資を受ける前には金利を使ってこういった計算を行うことで、実際に返済を行う際に支払うべき利息が分かり、計画的な返済プランを組み立てることが可能となるのです。
カードローンを選ぶ際の指標として代表的なのが、金利と限度額です。
再度の説明になりますが、限度額はいくらまで融資を認めるのかという金額です。この限度額にもカードローン会社によってまた個別に上限が有り、例えば横浜銀行カードローンなら最大で1000万円までの融資が認められています。
特に銀行系カードローンや信販系カードローンでは最大限度額が多い傾向にあり、消費者金融系では低く設定されていますね。

しかし、総量規制の関係もあって、全ての申込者にこの最大限度額が初めてカードローンを申し込みするユーザーに、最大まで融資が可能と言うケースは少なく、審査結果では大抵数十万~百万円程度で可決される事が多いようです。
キャッシングにおいて、金利を決めるのは基本的に限度額です。限度額が100万円なら金利は10%というように、限度額ありきで金利が決まっていきます。
例えば、よく目にする「金利○%から!」という様な広告文ですが、大抵表示されているの金利はそのカードローンの最低金利の場合です。何度も述べますが金利は限度額で決まるので、最低金利ということはその金利が適用されるのは最高限度額の場合だということです。
少額での融資を希望、あるいは少額の限度額しか認められなかった場合は、むしろ最高金利が適用されるケースが多いので注意しておく必要があります。
そして、当たり前ではありますが、決められた限度額を超えた融資は原則的に不可能となっています。が意味することは、仮に申込時の審査結果で10万円の限度額が認められたのであれば、そのユーザーは最大で10万円までしか借り入れが出来ません。
もちろん、最初から100万円の限度額が認められた場合に、10万円だけ利用するということは可能です。
ちなみに、この限度額は、それまでのユーザーの信用情報によって大きく左右されます。
過去に他のカードローンなどを利用していて、問題なく支払いを行っているデータが信用情報機関にあれば、恐らくおまとめローンなどの多額の融資を希望したケースでも、希望通りの限度額が認められやすいでしょう。

※ ランキングは当社調べになります

プロミス ※ アドレス登録とWeb明細登録が必要

プロミス ※ 電話での在籍確認に要望がある場合、申込後すぐに要相談

プロミス ※ 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります

プロミス ※ 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります

アコム ※ お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要な場合があります

アコム ※ 在籍確認が行われる場合がございます

アイフル ※ お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフル ※ WEB申込での審査時間、融資時間になります

SMBCモビット ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビット ※所定の銀行口座、必要書類の提出が必要

SMBCモビット ※収入証明を提出していただく場合があります

Tカード プラス(SMBCモビット next) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。