在籍確認を回避できるおすすめキャッシング・カードローンランキング

レディースレイクに手数料は必要ありません

いざという時のためにレディースレイクでお金を借りるために、あらかじめ契約だけしておきたい、という人もいるでしょう。

そのような人はすぐに利用しないかもしれません。

カードローン口座を維持するのに手数料がかかってしまうと嫌ですよね。

レディースレイクを利用する時の手数料事情について説明します。

レディースレイクは審査に通ってローンカードを発行してもらっても手数料は無料です。

ローンカードを作るだけで支払は発生しません。

そのため、いざという時に慌てないためにもレディースレイクを申し込む価値はあるでしょう。

年会費も入会金も無料

レディースレイクは審査に通った際に入会金は必要ありません。

また、毎年の年会費も必要ありません。

スポーツクラブなどは、利用の有無にかかわらず入会金や年会費が必要です。

しかし、お金を借りることが目的のレディースレイクはそのような支払が必要ないのです。

お金を借りて、初めて支払利息という支払が発生するのです。

最初の借入は利息まで無料

しかも最初の借入は利息も無料です。

初めての利用の場合には、30日間無利息・5万円まで180日間無利息のどちらかを選ぶことができます。

ボーナス前にちょっと多額の買い物をして、クレジットカード決済がきついような場合に最適です。

3か月あればボーナス時期になるでしょう。

利息まで無料になるレディースレイクは狙い目ですよ。

レディースレイクの金利は、一種の利用手数料ですから、気になる人も多いでしょう。

金利計算の基礎となる利率は人によって変わります。

利率の幅は4.5%から18%とワイドです。

この幅は、申込をする人の信用度によって決まります。

アルバイトの主婦の方であれば金利は高いでしょうし、大企業勤務のOLさんであれば金利は低くなるでしょう。

最高年利18%ですが・・・

レディースレイクの最高金利は18%です。

自分の信用がどの程度かわからない女性の方は、とりあえずこの金利が適用されると思っておいたほうがいいでしょう。

レディースレイクを何度か利用し、信用が付いてくると金利を下げるお願いができます。

支払期日にきちんと支払をしていれば信用を認めてくれるものです。

使った金額と期間で決まります

レディースレイクの金利は、利用金額と利用期間で決まります。

1万円を1か月借りて150円の利息を支払うことになります。

5万円なら750円になります。

ただ、先ほど述べた通り5万円まで180日間無利息で借りることが可能なので、お金が必要な時にレディースレイクを申し込むのであれば、金利の額はあまり気にしなくていいのではないでしょうか。

カードローンで気になるのはATM利用手数料です。

しかし、レディースレイクは無料です。

これは銀行系カードローンだからこそできる芸当です。

ATM利用回数を気にする必要がないので、必要最低限のキャッシングとこまめな繰上返済で支払利息負担を軽減することができます。

銀行系カードローンの強み

昔は消費者金融だったレディースレイクですが、現在は新生銀行のカードローンです。

消費者金融ではATMを利用すると手数料支払が必要ですが、銀行系カードローンでは不要のことが多く、レディースレイクも同様です。

必要な際に最低限のキャッシングをすることで、利用残高が増えてしまうことを防ぐことができます。

返済も気軽にできるので、残額をゼロに保ち続けることも容易です。

最初の振込キャッシングも無料

レディースレイクは、申込直後に借入資金を自分の口座に振り込んでくれます。

銀行は新生銀行に限らず、どこでもOKです。

振込だから手数料が必要だろうと思われがちですが無料です。

支払をちょっとでも少なくしたいという女性の心理に配慮しています。

レディースレイクのように利率が高いローンは、残額を最低限にすることが鉄則です。

便利なカードローン形式なので、必要な際にタイムリーな借入ができますが、限度額いっぱいまで借りていると利用可能額が少なくて役に立ちません。

このようなことにならないように、できる限り利用残額をゼロに近づけておくことが大切です。

ATM利用手数料無料のレディースレイクなら難しい事ではありません。

借りる金額は最低限

レディースレイクはATM利用回数を気にする必要がなく、千円単位の借入が可能です。

「ちょっと足らないから2万円借りようかな」ではなく「1万5千円にしよう」という事ができるのです。

余分な借入をしなければ利息も少なくなります。

もちろん元本返済額も少なくなります。

返済は早めに

返済を早めるコツとして繰上返済があります。

毎月の約定返済は借入金額に比べて少額なので、どうしても元本返済が遅れるのです。

ATM利用回数を気にしなくていいので、千円単位で何度でも余裕がある際に返済すればいいのです。

これだけで返済スピードがグッと速くなり、残額をゼロに保つことができます。

※ ランキングは当社調べになります

プロミス ※ アドレス登録とWeb明細登録が必要

プロミス ※ 電話での在籍確認に要望がある場合、申込後すぐに要相談

プロミス ※ 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります

プロミス ※ 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります

アコム ※ お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要な場合があります

アコム ※ 在籍確認が行われる場合がございます

アイフル ※ お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフル ※ WEB申込での審査時間、融資時間になります

SMBCモビット ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビット ※所定の銀行口座、必要書類の提出が必要

SMBCモビット ※収入証明を提出していただく場合があります

Tカード プラス(SMBCモビット next) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。