在籍確認を回避できるおすすめキャッシング・カードローンランキング

グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは利息制限法と出資法という二つの上限金利のルールに関する法律の狭間に生まれた、違法ともいえる金利帯のことを指します。
貸金業法の改正が進むまではこのグレーゾーン金利での融資が、消費者金融業者をはじめ多くの金融会社で行われていました。
しかし、現在ではこのグレーゾーン金利での融資には厳しい罰則が設けられているだけでなく、過去の過払い金に対しても返還請求が認められているなど完全に撤廃されるようになりました。
グレーゾーン金利が生まれた原因には上限利息を設ける法律が二つあったことにあります。
個人の融資に対しての利息上限を定めた利息制限法では上限20%と設定されているのに対し、出資法では上限29.2%と高い金利が上限とされていました。
また。利息制限法では違反を犯しても刑事罰則がなく、利息制限法と出資法の間の金利帯ではみなし弁済が認められていました。
みなし弁済では専門的な知識を持った個人でなければ、正当な金利で融資を受けることが出来ないために、このグレーゾーン金利での融資が大きな社会問題となったのでした。
グレーゾーン金利での融資によって多くの利用者が返済不能や破産に追い込まれたことが大きな社会問題となり、2010年には改正された貸金業法が施行されることになりました。
これによって利息制限法と出資法の矛盾は取り除かれ、個人の融資には上限金利20%までという新しいルールが制定されました。このルールを破ったキャッシング会社には厳しい罰則が用意されていたので、金融業界全体でクリーンな融資が行われるようにもなりました。
また、過去に行われたグレーゾーン金利での融資にも返還請求が認められたために、当時消費者金融業者では最大手であった武富士が倒産したほか、アイフルやプロミスなど大手キャッシング会社までも銀行グループに吸収されることになりました。

※ ランキングは当社調べになります

プロミス ※ アドレス登録とWeb明細登録が必要

プロミス ※ 電話での在籍確認に要望がある場合、申込後すぐに要相談

プロミス ※ 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります

プロミス ※ 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります

アコム ※ お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要な場合があります

アコム ※ 在籍確認が行われる場合がございます

アイフル ※ お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフル ※ WEB申込での審査時間、融資時間になります

SMBCモビット ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビット ※所定の銀行口座、必要書類の提出が必要

SMBCモビット ※収入証明を提出していただく場合があります

Tカード プラス(SMBCモビット next) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。