在籍確認を回避できるおすすめキャッシング・カードローンランキング

初心者でも安心!キャッシング完全ガイド 

現金が必要だけど手元にないというとき、カードのキャッシングの機能を利用すれば、簡単に現金を借りることが可能です。

キャッシングは便利なサービスですが、正しい知識をもたないで利用すると危険な部分もあります。

特にまだこのサービスを利用したことのない初心者の方だと、不安も多いでしょう。

この記事では、キャッシングをまだ利用したことがないという初心者の方に向けて、キャッシングの基礎知識から利用方法、利用する際の注意点などをわかりやすく解説していきます。

キャッシングってなに?

キャッシングとは、クレジットカードについている、ATMなどを通してお金を借りることが出来るサービスのことです。

ほとんどのクレジットカードには買い物するときに使える「ショッピング利用枠」と、現金を借りることのできる「キャッシング枠」が存在します。

ATMが近くにあれば、いつでも簡単にお金を引き落とせるので、急に現金が必要になった際にもすぐに対応できるのです。

このように、キャッシングはとても便利な機能です。

返済方法

キャッシングには、「一括払い」「リボ払い」の2つの返済方法があります。

一括払いでは、カード会社の設けた締め切り日までの借入金額と利息の合計が、翌月口座から引き落とされます。

リボ払いでは、借入残高に応じて、一定の金額が口座から引き落とされます。

リボ払いは、一括払いと比べると一回の返済額は軽くなりますが、支払期間が長くて言い分利息が高くなります。

金利手数料がかかる

キャッシングとショッピングの違いは、キャッシングを利用する場合、クレジットカード会社にお金を貸してくれたお礼として、金利手数料を払う必要がある点です。

金利の負担額は、クレジットカードを分割払いやリボ払いで利用したときと同じくらいです。

1ヶ月で1.5%程度、年率だと18%程度の負担になる場合が多いです。

キャッシング枠って?

このサービスでいくらまでお金をかりることができるかは、クレジットカードに設定されている「キャッシング枠」次第になります。

例えば、キャッシング枠が30万円に設定されている場合は、30万円までの借り入れができます。

つまり、50万円の借り入れはできないということになります。

この利用限度額は、カードを持つ方の信用力次第なので、職業などが影響してきます。

キャッシングは、金融機関やコンビニのATMで利用できます。

利用の手順をご紹介します。

①取り扱っているカードのブランドを確認する。

②ATMの画面のメニューから「お引き出し」を選ぶ。

③差込口にカードを入れる。

④暗証番号を入力する。

⑤「お借り入れ」を選ぶ。

⑥返済方法(一回払いかリボ払い)を選ぶ。

⑦借入金額を1万年単位で入力する。

⑧挿入したクレジットカード、利用明細、現金を受け取る。

キャッシング機能は便利ですが、その反面使い方を間違えると、返済が不可能になったりすることもあります。

しかし、注意すべきことをしっかりと守ればそのような状態を防げます。

ここからは、この機能を利用する際の注意点をいくつか紹介します。

借りる目的をはっきりさせる

お金を借りる時にまず、なぜ借りなくてはいけないのか、という目的をはっきりさせましょう。

借りる目的が曖昧なままお金をダラダラと借りてしまうと、借りる癖がついて返済不能になることがあります。

初めてお金を借り入れる際はもちろんですが、追加でお金を借り入れる際も毎回目的をはっきりさせるようにしましょう。

返済計画をしっかりと立てる

借り入れをする際に、いつまでに完済するかをしっかりと決めましょう。

自分の収入、支出をきちんと把握し、無理なく返済できるようにします。

月にどのくらいの金額であれば返済が可能であるのかしっかり確認しましょう。

できるだけ短期間で返済する

返済の期間が長くなると、その分利息が高くなったり、返済回数が増えれば、手数料も高くなったりしてしまいます。

利息や手数料を安く抑えるためにも、短期間での返済がおすすめです。

金利の安いカードを利用する

借り入れをするときは、利息を安くするためにも、できるだけ金利の低いカードを利用しましょう。

またカードを発行するときには、年会費なども気にするといいでしょう。

なるべく少額で借りる

借入金額が高くなってしまうと、その分離速が高くなってしまいますし、返済までのめどが立てにくくなります。

負担を軽くさせる意味でも少額で借りるようにしましょう。

ここまでキャッシングを利用したことのない初心者の方に向けて、キャッシングの基本知識と利用方法、注意すべき点を紹介してきましたがいかがでしたか。

キャッシングは正しい知識を持って利用すればとても便利なサービスです。

正しく利用するためには、その危険性も合わせて理解する必要があります。

キャッシングを初めて利用する場合、また初心者ではない方もぜひこの記事を参考にしてみてください!

※ ランキングは当社調べになります

プロミス ※ アドレス登録とWeb明細登録が必要

プロミス ※ 電話での在籍確認に要望がある場合、申込後すぐに要相談

プロミス ※ 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります

プロミス ※ 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります

アコム ※ お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要な場合があります

アコム ※ 在籍確認が行われる場合がございます

アイフル ※ お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフル ※ WEB申込での審査時間、融資時間になります

SMBCモビット ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビット ※所定の銀行口座、必要書類の提出が必要

SMBCモビット ※収入証明を提出していただく場合があります

Tカード プラス(SMBCモビット next) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。